にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ 人気ブログランキングへ
↑↑  ↑↑
あかねからのお願い
  1日1回ずつポチッと応援してね。

2011年08月18日

川原湯温泉 聖天様露天風呂



チェックアウトして向かったのは、川原湯温泉の聖天様露天風呂

水上から1時間半くらいで着いたと思います。

川原湯温泉の温泉街に入って細い道をクネクネと
チョットさびれていて寂しい感じしたけど、昔ながらの温泉街ですね。

聖天様露天風呂はどこかなー
何て思いながら走っていると行き過ぎてました。

でも所々にこの地図があるので、これを見れば安心です。
P6270263


この地図の左下から入ってきたので、完全に行き過ぎです。
温泉街を抜けて足湯のところまで来ていました。
P6270266


でも車で走っていて聖天様の入り口を見つけるのはかなり難しいです。
この「旅館山水」を目印にしてください。
P6270270

この旅館沿いの坂道を上がって行きます。

一応小さな看板が出ていますが、車で走っていて見つけるのは難しいです。
P6270271


近くに温泉客用の駐車場がいくつもあるので、駐車には困りません。
車を停めて、歩いてこの坂を登って行きます。
途中から階段になっています。
P6270274



ここで入浴料の100円を入れます。
お金を入れると
 チーーーン
と音がします。
P6270289


靴入れに履物を入れて上がります。

平日の午前中だというのに、地元の方がたくさん入っておられ驚きです。
地元の方に愛される人気ある温泉なんですねー

脱衣所はありますが、お風呂のすぐ前で、お風呂側から完全開放丸見えで、もちろん男女共用です。

あかねも地元の方々とご一緒させて頂きました。
P6270281

とても良い方ばかりで、よそ者のあかねと楽しい話をしていただけました。

源泉はかなり熱いので、ホースで水を入れて調整するようになっていますが、この時は結構熱かったです。
でもあまり水を入れると、
「ぬるい」って言われそうで、ちょっと遠慮してしまいました。

あかねが入っている間も、入れ替わり何人もの人が入ってきて、とても平日の午前中とは思えない状態でした。

豪華な旅館もいいけど、こういう地元の人に愛される温泉っていいですね。
楽しい会話をしながら楽しめるのが最高です。

また一つ思い出に残る素敵な温泉でした。



konyokuakane at 20:04コメント(31) 

2011年08月14日

谷川温泉 金盛館せゝらぎ(せせらぎ)の最終回です。

最後はお食事ですが・・・

さすが高級旅館だけあって、超豪華な食事がとても食べ切れないほど出てきました。

お食事処でのプランだったけど、
「部屋食にさせていただきます」
ということで、急遽部屋食になって、豪華なコースが次々と運ばれきました。

dinner
これは夕食です。
すごいでしょ。

実はこれでも全部入ってないんですよ。
まだ他にもありました。

海の幸、山の幸、お肉・・・

天ぷら、焼き物、煮物・・・

いったいどれだけ出てくるのよ。
しかもどれも美味しい〜

最後はもう入らなくて悔しい〜

やっと食べ終えて、もうお腹が限界超えてましたが、そこに
「お夜食置いておきます」
と、いなり寿司を置いて行かれました。

そして翌朝もこんな感じです。
RIMG0115


朝から豪華ですね〜

しかも美味しい〜

豪華なのに、何だか田舎の手作り感があっていいですね。

朝食の後はロビーでコーヒーと牛乳のサービスがあります。
RIMG0119


こんなのもありました。
P6260172

あかねは日本酒を飲まないのでイマイチ分からないですが、好きな人にはたまらないのでは。


ということで、谷川温泉 金盛館せせらぎの満足感いっぱいの1泊が終わって9時頃にチェックアウト

玄関のところに空のペットボトルがたくさんあって、それに美味しい湧き水を入れてもらって出発

素敵な女将さんがお見送りに出てこられて、深々と頭を下げて送って頂きました。

1泊2食付きで2万円程とチョット高いですが、それ以上の価値はありますよ〜。
あかねのお薦め旅館です。

谷川温泉 金盛館せゝらぎ(せせらぎ)

群馬の温泉巡りはまだまだ続きます


konyokuakane at 18:12コメント(17) 
混浴温泉日記 | 混浴画像

2011年08月07日

谷川温泉 金盛館せゝらぎ(せせらぎ)の続きです。

チェックインして生ビールをいただいてテンション上がりまくりのあかねは、その勢いて早速露天風呂へ

谷川沿いにある露天風呂が混浴になっています。
この日はとても天気も良かったですけど、
露天風呂は半分屋根があって、もし雨でも安心です。
P6260209


脱衣所が湯舟のすぐ横で丸見えの昔ながらの混浴露天風呂という感じで、あかねとしては大好きな作りです。
いいお湯でゆっくりまったりできます。最高

すぐ横に川が流れているので、降りることもできます。
P6260201

でも、冷た〜〜〜〜〜〜〜い


男女別の大浴場もそれぞれ内湯と露天風呂があります。
これは女湯の内湯です。右の方にガラス越しに露天風呂が見えますね。
P6260228

こちらもいい雰囲気でぜひ入って欲しいです。

あとは貸切風呂が1つあって、空いていれば24時間いつでも入れます。
これは脱衣所ですが、豪華でアメニティが充実してますね〜 何もかも豪華です。
P6270260



ということで今日は金盛館せゝらぎのお風呂を紹介しました。
実は・・・ 食事がスゴイんです
それは次回に

konyokuakane at 17:56コメント(12) 
混浴温泉日記 | 混浴画像

2011年08月02日

さて2つ立ち寄り湯巡りをして、そろそろ夕方になってきたので、今日の泊まりのお宿へ

群馬初日のお泊りまりは

谷川温泉 金盛館せゝらぎ(せせらぎ)

ここはチョット高級な旅館です。
お値段も、平日でも1泊2食付きで2万円以上もします。

でも十分その価値があるステキな旅館です。

でも実はこの旅館、あかねが持ってるガイドブックに載ってなくて知らなかったんです。

でもいつもお世話になってるサイト「ようこそ混浴露天風呂の世界へ」で、お姉さんが絶賛されてたので、一度泊まってみたいな〜と思って今回選びました。

ワクワクして旅館に到着して部屋まで案内してもらって、
もちろん対応は◎

何軒もお風呂入ってきたので喉が乾いてるので、
部屋の冷蔵庫のビールをいただこうと思ったら、
「生ビールをお持ちしましょうか」って

嬉しいですね〜

これだけで大好きになりそう。

10畳の部屋に、掘りごたつのある次の間
RIMG0097


さらにベランダ
RIMG0096


川に面していて、涼しい風を受けて、ステキな景色を眺めながら生ビールをいただいて、もう最高の気分

洗面所も広くて豪華
RIMG0099


と、もうこの時点でテンション上がりまくりのあかねでした。


今日はここまで
お風呂や食事の紹介は次回に・・・


konyokuakane at 18:43コメント(2) 
混浴温泉日記 | 混浴画像

2011年07月24日

ホテル湖城閣 猿ヶ京温泉



天狗の湯を出たのが1時頃でそろそろお腹もすいてきたので、お蕎麦をいただいて次の温泉へ。

時間的に考えてあと1件しか立ち寄れないのでどこにしようか・・・

で、決めたのが猿ヶ京温泉の湖城閣です。

車で走ること20分くらいだったかな(確かではない

ホテルに入る道にこんな立派なゲートが
P6260163

あかねが小さくて見えないかも

玄関を入るとすぐにフロントがありますが、その横に日帰り利用の券売機があります。
料金は800円です。
ただし、この券売機は100円玉しか使えません。
横に1000円札の両替機はありますが、500円玉だとフロントで両替してもらわないといけません。

でもフロントのお姉さんはとても愛想が良かったです。
その券をフロントに出して奥の露天風呂の方へ

長い風流な廊下がいいですね〜

脱衣所は女性専用と共用脱衣所があります。
女性はどちらを使ってもOKです。
女性専用は完全に部屋になっていますが、共用の方は結構オープンです。

お風呂は大小たくさんあります
P6260135


大きな岩風呂や一人用の小さなお風呂がたくさんあります。
こんなのも「美人大釜風呂」
P6260150

本当に美人になれるんだろうか。
と入ろうと思ったけど、

   

とても入れる温度ではありませんでした。


大きな岩風呂からは湖が見下ろせてとても景色がいいです。
P6260154

木の向こうは湖なんですけど、全然わからないですね。

とても広くていろんな風呂があるので、あっちこっちに入って楽しいです。

これで800円は価値がありますね。


帰りにはフロントのお姉さんが

 「今度は泊まりで来て下さい」
って、とても明るくニコニコ素敵なお姉さんでした。

さてもう3時も過ぎてるので、そろそろ本日のお宿に向かうことに。

konyokuakane at 18:32コメント(10) 
混浴温泉日記 | 混浴画像
あかね
akane
自己紹介
あかね
温泉が大好き。自然の中でのんびりするのがとても気持ちよくて大好きです。
混浴温泉は昨年から行きだしたばかりですが、男女関係無くいっしょに楽しめる混浴温泉はとても楽しいですね。
このブログではあかねが行った混浴温泉のレポートを書いていきますのでよろしくお願いしますね。