にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ 人気ブログランキングへ
↑↑  ↑↑
あかねからのお願い
  1日1回ずつポチッと応援してね。

2011年07月18日

山梨の温泉巡りは終わって、途中1泊して、いよいよ本番の群馬県に突入です。

最初は 水上温泉天狗の湯きむら苑 です。

関越道の水上インターを降りるとすぐなのでとても便利なところです。

一昨年群馬に来た時も、この水上で降りて宝川温泉に泊まったな〜
と懐かしく思い出しながら水上温泉に向かいました。


露天風呂は旅館の建物から離れて階段をずーっと下りたところにありますが、
まず旅館のフロントに行って料金を払います。

電話の時も感じましたが、とても優しい田舎のいいおばさん、という感じで好感の持てる対応でした。

「露天風呂は混浴のようになってますがいいですか」
と言われましたが、
「混浴のよう・・・」って、これ完全に混浴ですよね

一人800円の入浴料を払ってお風呂へ

あかねが行ったのは平日の午前中ですが、何組ものカップルさんが入っていて、
「人気ある温泉なんだな〜」
と思いました。

何はともあれ、大好きなの群馬の温泉巡りのスタートに最高の気分でした。

この天狗の湯きむら苑は思ってたよりずっと広くて、とても気持ちいい〜

半分くらい屋根がかかっているので、雨の時でも安心です。

この時は、6組くらいカップルさんが入っていましたが、
まだまだ余裕で、それぞれ間隔を空けてお湯に入れました。


P6260115


赤いのれんのところが女性脱衣所で、その右側が男性用でお風呂に入ってる人から完全に丸見えです。

フロントで「貴重品は」って聞いた時も、
「お風呂から見えてるので大丈夫ですよ」
と言われたけどたしかに丸見えです。

まったりゆったりといいお湯につかって最高の気分でした。



konyokuakane at 19:28コメント(11) 
混浴温泉日記 | 混浴画像

2011年07月14日

山県館は多分一番よく行ってる混浴温泉です。
何回行ってるかな〜

雲峰荘を出たのは11時頃で、山県館の日帰りの受付開始が11時なのでちょうどいい時間でした。

でも念の為に電話をして確認してみると、
「はい もう入れますよ」
と元気な声が。

温泉の日帰り利用の場合は、必ず電話で確認して下さいね。

日帰り利用可能時間でも掃除していることもよくあるし、
平日でお客さんが来ないとお湯を入れないこともあります。

団体が入ってダメだったりいろいろあるので、必ず事前に電話で確認して下さいネ。


さて、雲峰荘から山県館まで車で30分くらいかな。

昨年は工事をしていて落ち着かなかったけど、もう終わってるので楽しみにして来ました。

ここは本当に立派な旅館ですね。
そのかわり、温泉の日帰り利用で1500円とチョット高いです。

内湯は12時半に男女が入れ替わるので、今回のようにお昼前に入ると、
まず内湯に入って、露天に入ってる間に男女が入れ替わるので、最後に別の内湯に入れて全部制覇できます。

昨年は工事をしていた女性脱衣所が完成していました。
yama1


以前からあるお風呂のすぐ脇にある脱衣所は、以前通り「共用脱衣所」になっていました。
なので、女性はどちらを利用してもいいということですね。
まあ、せっかく新しい女性用脱衣所ができたので、女性用を利用しました。

ここは完全な透明のお湯に、タオル巻きはもちろんタオルをお湯につけるのも禁止になってるので、混浴慣れした女性が多いですね。
なので、共用脱衣所でもみんな気にしてないんじゃないのかな?
とあかねは思うのですが、実際どうなんでしょうね。

yama2


綺麗なお湯ですね〜
いつも奥の湯船がぬるくてゆっくり入れて好きです。

暑くなってくるとテラスに上がって涼みながら山のステキな景色が見られるのがイイですね〜
yama3


開放感満点ですね〜
とても幸せな気持ちになれます。


ここは1500円もしますが、平日でもいつも日帰り利用の方がたくさん入ってますね。
それだけ人気がある温泉なんですね。
あかねも大好きです。

今回もゆっくり楽しませていただきました。


konyokuakane at 18:35コメント(12) 
混浴温泉日記 | 混浴画像

2011年07月11日

今回の温泉巡りは群馬県が中心でしたが、まずは山梨からスタートしました。

まず行ったのは
裂石温泉の雲峰荘

ここは日帰りが1時までなので、なかなか行けないんですね。
あかねは2回目の雲峰荘です。

日帰り利用は、500円で内湯か露天かどちらか一方だけで、
1時間の制限があります。

フロントで料金を払うと、用紙に時間を書かれて渡されるので、
それを脱衣かごに入れておきます。
時間オーバーしないように気をつけましょう。


この温泉のシンボルマークは何と言ってもこの大きな岩

P6240015


 もし崩れてきたら・・・
と、誰でも一度は思うでしょうね

朝早くに行ったので、
「まだぬるいですよ」
と言われましたが、夏で気温が高いのでぬるくてちょうど良かったです。

日差しも結構強かったですが、影もあって快適でした。


この温泉は、あの大きな岩ばかりに目が行きますが、
周りにいろんな岩や柱などがあって、とても凝っていてステキです。
P6240051


初めて行ったときは、意外と広いなーって感じました。

久しぶりの温泉巡りの旅のスタートということで、
これからいい旅行ができるようお祈りしながらゆっくり浸からせてもらいました。

とてもいいスタートが切れました。

露天風呂最高

konyokuakane at 16:49コメント(8) 

2011年07月08日

どーも
あかねでーす

って、妙に元気でしょ。

というのもそのはず

久しぶりに思いっきり温泉巡りしてきました

群馬を中心にまわってきましたよー。

P6270305


やっぱり群馬はいいですね〜

とってもいい温泉ばかりでした。

山梨の裂石から始まって、群馬の温泉をイッパイ楽しんできました。
全部で10湯入りました。

でも正直言うとまだまだ入りたい温泉があったのですが・・・

早速このブログで紹介していきますので、楽しみにしてくださいね。


konyokuakane at 13:36コメント(14) 

2011年06月30日

今日はあかねのHPの更新をしました。

温泉巡りの服装についてアドバイスを書いてみました。

混浴温泉巡りの服装

温泉巡りをする時は、何度も服を脱いだり着たりするので、簡単に脱げるのがオススメです。
ダボッとしたワンピースがいいですね。

一番楽なのは前が下までジッパーになったワンピースですね。

特に脱衣所のない野湯や、
お風呂のすぐ横に丸見えの脱衣所のところなどでは、あらかじめ下着を脱いでおいて、

ジッパーをパッと下ろして脱いで、
着る時も羽織る感じでパッと着る。

というのがオススメです。

間違ってもスキニージーンズなんかは履かないようにしましょう。
脱着が大変です。

あかねも何軒も温泉巡りする時は、できるだけ脱ぎやすいワンピースにしています。
P6220401
P6260158


konyokuakane at 20:27コメント(24) 
混浴温泉日記 
あかね
akane
自己紹介
あかね
温泉が大好き。自然の中でのんびりするのがとても気持ちよくて大好きです。
混浴温泉は昨年から行きだしたばかりですが、男女関係無くいっしょに楽しめる混浴温泉はとても楽しいですね。
このブログではあかねが行った混浴温泉のレポートを書いていきますのでよろしくお願いしますね。