混浴温泉日記

2011年12月03日

真賀温泉に行ってきました。

お目当てはもちろん「幕湯」

この看板が目印です。ここに無料駐車場があるので、車を停めてこの階段を上がって行きます。
PC010048


階段を上がると真賀温泉のお風呂があります。
PC010049


入口を入るとすぐに入浴券を買う自動販売機があります。
幕湯は250円です。男女別のお風呂は150円です。

あかねはもちろん250円の券を買って、すぐ横の窓口のおばさんに渡しで入りました。

すぐにお風呂があります。
PC010053


これが噂の幕湯。

いろんなブログで幕湯のことは読んできました。
・4人も入ればいっぱい。
・6人も入ると肌が触れ合うほど。
・男性が入っていると女性は入るのは難しい。


平日の昼間だし貸切かな〜
なんて思いながらドアを開けてみると・・・

そこは脱衣所で、ガラス戸越しにお風呂が見えます。

6つくらいある脱衣所のカゴがイッパイ
エー
ガラス戸越しにお風呂を見てみると・・・
まさに、
・6人も入ると肌が触れ合うほど。
の状態です。

混浴慣れしているあかねでも、ちょっとたじろいでしまいました。

でもここまで来て入らないのももったいないし、思い切って服を脱いで浴室へ。

でもあかねの入るスキマが無い

入口付近を少し空けてもらって何とかお湯の中へ。

数えてみたら全部で8人でした。
4人でいっぱい。6人で肌が触れ合うほど。
8人の幕湯を経験できたのはとてもラッキー・・・ かな?

幕湯は浴槽も狭いけど、壁に囲まれているので圧迫感もあって、さらに狭く感じます。
あかねもこんなにすし詰め状態のお風呂に入ったのは、生まれて初めてでした。

これもいい経験ですね。いい思い出になるかも。

広い露天風呂とは正反対の温泉ですが、江戸時代から続くとても神秘的な温泉でした。

そういう混み方で、残念ながら幕湯の中の画像は撮れませんでした。


幕湯はそんな感じで、かなり上級者向けです。
脱衣所も狭くお風呂との間はガラス戸なので、着替えてるところもお風呂の方からよく見えます。

女性でここに入るのは、かなり慣れてないと無理かもしれませんね。



konyokuakane at 11:04コメント(21) 

2011年11月05日

四萬舘をチェックアウトしていよいよ群馬温泉巡りも今日で終わり。

最後は尻焼温泉に立ち寄りました。

ここはそれほど良い温泉というわけではないけど、
川原の温泉は開放感満点であかねは大好きです。

前回群馬に来た時も入ったけど、今回も絶対に入りたかったのでまた最後にやって来ました。

尻焼温泉街に着く少し手前に駐車場があるのでそこに停めて歩いて行きます。
P6280474


温泉街に入るとトイレもあります。川原の温泉にはトイレが無いのでここを使いましょう。
P6280475


この看板があるところから川に降ります。見逃さないように。
P6280476


そしてもう少しテクテク歩いて行きます。
P6280493


かなり手前から川原の温泉が見えるので大丈夫だと思います。
いつも昼間からたくさんの入浴客で賑わっています。

早速あかねもご一緒させていただきました。
P6280483

(↑上の道路からも丸見えですね

前回も同じこと書いたけど、大人になってこんな川原で素っ裸になるなんて経験は普通は絶対できないですよね。
この開放感は最高です。癖になりそう。

こうして群馬温泉巡りも終わり帰路につきました。

群馬は温泉天国ですね。また行きたいで〜す。

konyokuakane at 11:22コメント(15) 

2011年10月08日

四万温泉 四萬舘の続きです。

今日は貸切風呂の紹介をしますね。

四萬舘には、貸切風呂が何と 6つもあります

しかも、それぞれ内湯と露天があります

スゴイです。どれだけお風呂があるのよ

こんな感じで貸切風呂が並んでいて、空いていると、いつでも、どこでも、何回でも入れます。
P6270436


小さな貸切り風呂はこんな感じで、家風呂くらいの小さな内風呂と露天風呂があるだけですが、それぞれ形が違って、こだわっています。
P6270430


露天風呂からは下を流れる川が見えます。
P6270426


こんな樽の露天風呂もあります。
P6280471


そして、一番広い貸切風呂はコレ「とんぼの湯」
P6280446

6人くらいはゆったり入れる広さで、向こうに見える露天風呂も広いです。
これが貸切って贅沢ですね〜

このとんぼの湯はとても広くて家族連れにも人気で、
いつも誰か入ってるので、なかなか入れないけど、ぜひ入ってみてくださいね。

あかねも、夕方は何度か行ったけど空いてなくて、翌朝に朝風呂で入りました。
とても気持ちよかったです。

たくさんの貸切風呂があって、四萬舘の中だけでも湯めぐりを楽しめてしまう、
本当にステキな旅館です。

四萬舘の話はまだまだ続きます。お楽しみに。

konyokuakane at 18:36コメント(10) 

2011年09月23日

群馬温泉巡りの2泊目は

四万温泉の四萬舘です。

山口露天風呂から戻ってきてチェックイン、
そしてお部屋へ

何と!露天風呂付き客室です。
P6270360

かけ流しでお湯があふれてます〜

お風呂で温まって、ベンチに腰掛けて山の景色を眺めながら涼んだり、
下には川が流れていていい雰囲気です。
P6270362


部屋にはマッサージチェアもあって、
かなり贅沢なお部屋です。

P6270361



この四萬舘には、
貸切風呂が6つもあります。

混浴露天風呂も2つあるし、1泊で全部制覇するのは無理です。

部屋の露天風呂でゆっくりするのもいいけど、
せっかくなのでいろんなお風呂にも入りたいし。

温泉好きには最高の旅館です。

昨日に続きとても素敵な旅館でハイテンションなあかねです。

次回は混浴露天風呂の紹介をするのでお楽しみに。

konyokuakane at 14:45コメント(9) 

2011年09月08日

群馬の温泉巡りの2泊目は四万温泉の四万館です。

ということで、軽くソバを食べて四万温泉に向かいました。

と言っても四万館に着いたのはまだ2時半頃で、チェックインが3時からなので、とりあえず車をおいて荷物を預けて山口露天風呂に行きました。

四万館からだと少し距離がありますが、と言ってもブラブラ歩いて行くとすぐです。
(どっちなんだ

四万の温泉街を歩いて行くとこんな看板が出てきます。
P6270337

看板では夜21時までとなっていますが、クマが出たということで夕方5時に閉まるとのことでした。

この間の細い階段を降りていくと川の反対側に山口露天風呂が見えてきます。
いい雰囲気ですね。
結構豪快に流れる川のすぐ傍に露天風呂があります。
P6270340


男女別の脱衣所もあります。
チョット扉が硬くて閉まりにくかったけど、しっかりした脱衣所です。
P6270345



こんな感じで湯舟は5つくらいだったかな。
P6270350

それぞれ温度が違うので、移動しながらゆっくり楽しめます。

この開放感がいいですね〜
P6270348


こんな素敵な温泉に無料で入れるって幸せですね。

本当はもっと長く楽しみたかったけど、四万館の温泉に早く入りたくて、早めに引き上げました。

konyokuakane at 19:00コメント(20) 

2011年08月30日

沢渡温泉 まるほん旅館


聖天様露天風呂で地元の方々と楽しい温泉を満喫した次に向かったのが

沢渡温泉の まるほん旅館です。
P6270331


「泉質が素晴らしい」という声も聞くので、とても楽しみにして行きました。

日帰り温泉の利用料は700円で、フロントで払って大浴場へ。

昔ながらの温泉宿って感じで、とてもいい感じの廊下を歩いて行くと、廊下の窓から、写真でよく見る檜張りの大浴場が見えてきました。

 妙に感激

ここは露天ではなく内湯の混浴です。

階段を降りてお風呂に到着

P6270322

両端に脱衣所がありますが、片方はまったく囲いなしで、もう片方は気持ちだけの囲いがあるけど、ほとんど役に立たないかも。

先ほど行った聖天様露天風呂も、お風呂に入ってる人から丸見えでしたが、ここも同じですね。

P6270305


湯舟は2つありますが、そんなに広いわけではありません。

入ってみると・・・
   

慣れてくると入れますが、あまりゆっくり入っていられない温度です。


混浴は露天風呂がほとんどですが、こういう共同浴場のような内湯の混浴もいいですね。

ちなみにすぐ隣には、共同浴場があって、そちらの方から楽しそうな声が聞こえていました。

地元の方が和気あいあいと温泉を楽しんでいるのは、見ていてとてもいい気持ちがしますね。

群馬の温泉って本当にステキですね。

これで群馬の温泉巡りは5湯目です。まだまだ続く・・・



konyokuakane at 14:39コメント(16) 

2011年08月14日

谷川温泉 金盛館せゝらぎ(せせらぎ)の最終回です。

最後はお食事ですが・・・

さすが高級旅館だけあって、超豪華な食事がとても食べ切れないほど出てきました。

お食事処でのプランだったけど、
「部屋食にさせていただきます」
ということで、急遽部屋食になって、豪華なコースが次々と運ばれきました。

dinner
これは夕食です。
すごいでしょ。

実はこれでも全部入ってないんですよ。
まだ他にもありました。

海の幸、山の幸、お肉・・・

天ぷら、焼き物、煮物・・・

いったいどれだけ出てくるのよ。
しかもどれも美味しい〜

最後はもう入らなくて悔しい〜

やっと食べ終えて、もうお腹が限界超えてましたが、そこに
「お夜食置いておきます」
と、いなり寿司を置いて行かれました。

そして翌朝もこんな感じです。
RIMG0115


朝から豪華ですね〜

しかも美味しい〜

豪華なのに、何だか田舎の手作り感があっていいですね。

朝食の後はロビーでコーヒーと牛乳のサービスがあります。
RIMG0119


こんなのもありました。
P6260172

あかねは日本酒を飲まないのでイマイチ分からないですが、好きな人にはたまらないのでは。


ということで、谷川温泉 金盛館せせらぎの満足感いっぱいの1泊が終わって9時頃にチェックアウト

玄関のところに空のペットボトルがたくさんあって、それに美味しい湧き水を入れてもらって出発

素敵な女将さんがお見送りに出てこられて、深々と頭を下げて送って頂きました。

1泊2食付きで2万円程とチョット高いですが、それ以上の価値はありますよ〜。
あかねのお薦め旅館です。

谷川温泉 金盛館せゝらぎ(せせらぎ)

群馬の温泉巡りはまだまだ続きます


konyokuakane at 18:12コメント(17) 

2011年08月07日

谷川温泉 金盛館せゝらぎ(せせらぎ)の続きです。

チェックインして生ビールをいただいてテンション上がりまくりのあかねは、その勢いて早速露天風呂へ

谷川沿いにある露天風呂が混浴になっています。
この日はとても天気も良かったですけど、
露天風呂は半分屋根があって、もし雨でも安心です。
P6260209


脱衣所が湯舟のすぐ横で丸見えの昔ながらの混浴露天風呂という感じで、あかねとしては大好きな作りです。
いいお湯でゆっくりまったりできます。最高

すぐ横に川が流れているので、降りることもできます。
P6260201

でも、冷た〜〜〜〜〜〜〜い


男女別の大浴場もそれぞれ内湯と露天風呂があります。
これは女湯の内湯です。右の方にガラス越しに露天風呂が見えますね。
P6260228

こちらもいい雰囲気でぜひ入って欲しいです。

あとは貸切風呂が1つあって、空いていれば24時間いつでも入れます。
これは脱衣所ですが、豪華でアメニティが充実してますね〜 何もかも豪華です。
P6270260



ということで今日は金盛館せゝらぎのお風呂を紹介しました。
実は・・・ 食事がスゴイんです
それは次回に

konyokuakane at 17:56コメント(12) 

2011年08月02日

さて2つ立ち寄り湯巡りをして、そろそろ夕方になってきたので、今日の泊まりのお宿へ

群馬初日のお泊りまりは

谷川温泉 金盛館せゝらぎ(せせらぎ)

ここはチョット高級な旅館です。
お値段も、平日でも1泊2食付きで2万円以上もします。

でも十分その価値があるステキな旅館です。

でも実はこの旅館、あかねが持ってるガイドブックに載ってなくて知らなかったんです。

でもいつもお世話になってるサイト「ようこそ混浴露天風呂の世界へ」で、お姉さんが絶賛されてたので、一度泊まってみたいな〜と思って今回選びました。

ワクワクして旅館に到着して部屋まで案内してもらって、
もちろん対応は◎

何軒もお風呂入ってきたので喉が乾いてるので、
部屋の冷蔵庫のビールをいただこうと思ったら、
「生ビールをお持ちしましょうか」って

嬉しいですね〜

これだけで大好きになりそう。

10畳の部屋に、掘りごたつのある次の間
RIMG0097


さらにベランダ
RIMG0096


川に面していて、涼しい風を受けて、ステキな景色を眺めながら生ビールをいただいて、もう最高の気分

洗面所も広くて豪華
RIMG0099


と、もうこの時点でテンション上がりまくりのあかねでした。


今日はここまで
お風呂や食事の紹介は次回に・・・


konyokuakane at 18:43コメント(2) 

2011年07月24日

ホテル湖城閣 猿ヶ京温泉



天狗の湯を出たのが1時頃でそろそろお腹もすいてきたので、お蕎麦をいただいて次の温泉へ。

時間的に考えてあと1件しか立ち寄れないのでどこにしようか・・・

で、決めたのが猿ヶ京温泉の湖城閣です。

車で走ること20分くらいだったかな(確かではない

ホテルに入る道にこんな立派なゲートが
P6260163

あかねが小さくて見えないかも

玄関を入るとすぐにフロントがありますが、その横に日帰り利用の券売機があります。
料金は800円です。
ただし、この券売機は100円玉しか使えません。
横に1000円札の両替機はありますが、500円玉だとフロントで両替してもらわないといけません。

でもフロントのお姉さんはとても愛想が良かったです。
その券をフロントに出して奥の露天風呂の方へ

長い風流な廊下がいいですね〜

脱衣所は女性専用と共用脱衣所があります。
女性はどちらを使ってもOKです。
女性専用は完全に部屋になっていますが、共用の方は結構オープンです。

お風呂は大小たくさんあります
P6260135


大きな岩風呂や一人用の小さなお風呂がたくさんあります。
こんなのも「美人大釜風呂」
P6260150

本当に美人になれるんだろうか。
と入ろうと思ったけど、

   

とても入れる温度ではありませんでした。


大きな岩風呂からは湖が見下ろせてとても景色がいいです。
P6260154

木の向こうは湖なんですけど、全然わからないですね。

とても広くていろんな風呂があるので、あっちこっちに入って楽しいです。

これで800円は価値がありますね。


帰りにはフロントのお姉さんが

 「今度は泊まりで来て下さい」
って、とても明るくニコニコ素敵なお姉さんでした。

さてもう3時も過ぎてるので、そろそろ本日のお宿に向かうことに。

konyokuakane at 18:32コメント(10) 
あかね
akane
自己紹介
あかね
温泉が大好き。自然の中でのんびりするのがとても気持ちよくて大好きです。
混浴温泉は昨年から行きだしたばかりですが、男女関係無くいっしょに楽しめる混浴温泉はとても楽しいですね。
このブログではあかねが行った混浴温泉のレポートを書いていきますのでよろしくお願いしますね。